GSX-R750」タグのアーカイブ

初めてツーリング動画ツクターヨ   Leave a comment

動画を作るって面倒なのね。

広告

ぶらぶらしてきました。   Leave a comment

image

GSX-R750に乗り換えた初物ですこんにちは。

南海部品に行ってタンクバッグを買ってきました。

CBRと同じものがつくかと思ったら色々配線と干渉するので最低限で良いやと思い南海ブランドをチョイス。

ご覧の通り超小型。財布と携帯ぐらいしか入りません。

車体注文時にUSB電源もつけてもらったので、ナビも安心。

車体を手に入れてからわかったのですが、タンクが鉄。

しかも前二割ほどの部分がプラスチック。

なので、四本足マグネットやベルト式バッグと非常に相性が悪いのです。

ともかくこんなちっこいなりですが、コンパクトでお気に入りなのです。

image

今日は仙台市の青葉山城址に散歩しにいきました。

上り坂はなかなか楽しいコーナーなのです。

JD女子がいっぱいいました。

image

前に来たときは鳥居の中の駐車場にはいれたのですが、今回はここにバイクを停めなければいけませんでした。

中に停めたかったなぁ。ぶつけられないか心配。

image

仙台市の眺め。

それよりも駄々をこねて地面を転がり回る男の子とその家族に興味津々。

しばらくガン見してました。

image

勇壮なる伊達政宗公。

お客さんはお昼過ぎとあってか閑散としていました。

image

帰りにバイク屋に寄ってバイクをメンテナンスしてきました。

左ウィンカーを出すとETC の電源が落ちてしまうことがわかったのでその修理。

特性かと思ったら、単なる結線間違いでした。

一時間ぐらい手入れしてもらったらきちんと直って一安心。

バイク屋に平謝りされたけど、別に動けなくなったわけでもないし経験的にギャーギャー言うことでもありません。

礼を言うとニコニコで帰ってきました。

コレであと十年は戦える。

で、写真のカブ。

中央のカブのシートカラーがツートンなのですが、コレ実は初期不良らしいのです。

ネットのニュースによると一色のはずが別のラインのデザインが紛れ込んでしまったとのこと。

ホンダらしからぬ思いもよらぬ「初回限定品」になったようです。

image

僕の使っている携帯、au TYPE CAL-21が調子悪くなってしまったので安心サポートサービスで交換することにしました。

昨日交換品が届いたのですが、オーバーホール品の割りには組み立て不良で歪んでいました。

タフネスケータイとはいえ組付けがおかしければ致命的。

こりゃアカンとサポートサービスに電話するもののあまり例のない出来事らしくサポートのおねいさんも半信半疑。

とりあえず電池だけもらって送り返しました。

昨日から新品電池で運用していますが今のところ動作不良はない様子。

本体じゃなくて電池が悪かったのかしら?

月曜日まで異常がなければ安心サポートキャンセルしようかな。

今日はこの辺で。

三ヶ月ぶりのバイクのせいでマダマダ体が本調子じゃない様子。

筋肉痛がひどいです。

夏場はいっぱい乗って体力作りするぞー。

明日も休みだから気仙沼線のBRTでも見てこようと思います。

それではお休みなさい。

バイクを買いました。   Leave a comment

車種は「GSX-R750 K7」

先月早坂サイクルというお店の展示会を見に行き、そこで即決。

新車ZX-6Rガーでしたが、車体もコンパクト、馬力もトルクもそこそこ、値段も中古だしお手頃と言うことでめでたくご成約と相成りました。

バイクを降りるぞジョジョーッと叫びましたが、禁バイクは三ヶ月持ちませんでした。

でも、買ったと言いましたが、注文からはや三週間。実はまだバイクが納車されていません。

大量の注文があったらしく車検対応で本店整備工場がパンク状態とのこと。

それはそれで構わないのです。

「実は車検が切れてまして追加の入金をお願いしたいのですが・・・」とか

「入金しましたよ」とメールで連絡しても返信無し・・・とか

「バッテリーがまだ入らなくて・・・」とか

「バッテリー載せたら充電しなくて納車が遅れそうです・・・」←New!

一日千秋の思いでヤキモキしてるのに良いニュースが一つも入ってこないのです。

車検有りって聞いてたのに・・・とにもかくにもバイクに乗りたいので素直に追加のお金はすぐに払いました。

それから音沙汰無いので電凸したら注文から三週間も経ってるのに「注文しているバッテリーがまだ入らないんです」

あれか、スズキのバッテリーは特注なのか?

「エンジンかけたら充電しなくて(ry」

それ、バッテリー交換前に判んなかったのか?とかもうため息の連続。

前のバイク屋さんに愛想つかした理由がほうれんそうのダメダメさにあるのに、またしてもかという感じ。

技術的トラブルはともかく、イライラして電話したら「実は~」とか始まる。

バイク屋って客を怒らせたいのか?それとも貧乏人には冷たいのか。

そしてそんなことで怒髪天を突いてしまう私は器量が小さいのか。

頼むからイライラ絶頂に達する前に電話ください。

先手で電話くれるだけで安心するんですから。

後手踏んでイラつかされ追加のコストを要求されて怒らない客がいたら見てみたい。

後学のために是非お話をお聞かせ願いたい。

コレだけ待たされたんだ、新車同様で納車されなかったらどうしてくれようか。

自分にとって安い買い物ではないんだ。

誠意の感じられる対応をしてほしいものだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。