紅葉」タグのアーカイブ

9日後   Leave a comment

株式会社村上組に転職した初物ですアニョハセヨ。

香川県は有名な中堅ゼネコンで、東京にも進出して今は福島県の飯舘村で除染作業に携わっています。

二年強に渡る除染作業もひとまず今月で終了し、事務所は撤収し人員は各地に転進。

新入社員として一か月間お世話になった自分も岩手県は宮古市に配置替えとなりました。

え~。

車も軽のレンタカーだけれども用意してもらい、寒い朝でも快適な通勤が出来るようになりました。

ダンプの無線を聞きながら通勤する日々です。

新居も落ち着き、あとはベッドとダイニングテーブルの設置を残すのみ。

1Kと違って広いキッチンは料理をするのも楽ちんです。

最近は自炊に加え弁当も自作するようになりました。

弁当箱はソフトケース付きの保温弁当にしました。

小さいかなと思いましたが意外と腹持ちが良いようです。

冷食をレンジでチンして詰めるだけですが、一日6百円で弁当を買うよりかは経済的なのだろうか。

友人の一人のご機嫌を損ねてしまったようだ。

「ウザい」と言われるとなんかもう委縮しちゃってもうダメ。

謝ったものの、LINEこそ退会しなかったがグループは軒並み撤収。

身から出た錆だけどついに来るべき時が来たのかと。

かなC。

 

通勤していて山が紅葉できれいに見えます。

思うにこの紅葉も見れるのはあと40回程度。

不思議なもんです。

広告

秋の紅葉シーズン。   Leave a comment

いかがお過ごしでしょうか契約社員としての更新契約書がまだ届かなくて戦々恐々の初物です。

今日は紅葉の時期に入り始めた磐梯吾妻スカイラインに行ってきました。

お彼岸には実家に帰れなかったので、前日土曜日に帰省。

母親は甥っ子の運動会のために埼玉県へ出張中でしたがゴンタととーちゃんが留守番をしていました。

image

なんか、手抜きシャンプーのせいでペタペタしてた。
悲しい。

image

翌日、行きつけのアイス屋で定番のブルーベリーアイス。
甘酸っぱくてまだ10:00時も回っていないのに駐車場は半分埋まってました。
バイクもボチボチうろうろしていました。

image

磐梯吾妻スカイラインに登ってみると、ボチボチ紅葉も始まっていました。
ご覧の通り、中腹にあるつばくろ台も車でごったがえしていました。
写真の右側にはノーヘルの人が写っていますが、これはトライクと呼ばれる三輪車なので合法なのです。
ただ、ヘルメットは義務化されてないだけで危ないには変わりがないのです。
そこまでしてヘルメットを被りたくないのならオープンカーではダメなんでしょうか。

image

つばくろ台の橋の上からの眺め。
下界はまだまだ紅葉には遠い様子。

image

中腹から山頂を望む。
ケータイカメラの性能ではこれが限界。
カメラは持ってこなかったので残念。

image

活火山らしく、むき出しの山肌とその植生。
空がとっても青いのです。

image

山頂手前の峰。
尾根左端からは今もまさに噴煙が。
・・・この峰も何れ噴火するんでしょうか。

image

レストハウスの駐車場は満員御礼になっており、手前1kmぐらいから渋滞してました。
まぁ、バイクは・・・細いのですぐ着きました。
この駐車場はバイクを優遇してくれるのでライダーには嬉しいのです。
もっとも、写真には写ってませんがそれでも車は数百台停まれる大駐車場なのです。
それだけ大人気なんですねー。

image

渋滞の列。
写真右端から左端まで続いています。
右手の尾根の影には三つのツヅラ折れがあり、百数十台の列でした。
上の写真に写っているトライク集団は右の尾根すぐ裏にいたのですが、駐車場に入るまでこのあと30分かかりました。
恐るべし観光渋滞。
観光に行くときはマメにトイレ休憩を挟むのが良いと思います。

image

レストハウスで数年ぶりに食べた食事。
コーヒー休憩程度にしか寄っていなかったので、今日はレストハウス二階のレストランで昼食。
自由席は満席、予約席も半分以上埋まっている盛況でした。
目の前に座ったハイカーとおぼしきおばあちゃんがビールとカツ丼を注文してモリモリ食ってるのには圧倒されたのです。

ここまでで写真はおしまい。
一緒に持っていったマルチバンドレシーバーに遠く石巻からのCQが入電。
早くアマチュア無線の免許が欲しいのです。

この後は高速で仙台まで戻り、バイク屋でバイクのオイル交換を行い、ささやかな秋のツーリングは終了。
今夜の晩飯は牛丼なのです。
自然の中で鋭気を養い、ご飯を一杯食べて明日に備えるのです。

働きたくないでござる。。。

鳴子ソロツーリング   Leave a comment

表題の件行って来ました。

先週は休めなかったので、今日は寝ているつもりだったんですが・・・。

気がついたらバイクに跨っていました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 001

出撃前のスタイル。

もう8年選手。

しかーし!

まだまだスタイルだけなら負けてない!

今日も走りにいくのです。

 

目的地は特に決めていなかったのですが、前回はスカイラインの紅葉がまだでした。

二週間も過ぎれば同じ標高の鳴子辺りは紅葉も始まっているだろうし近いだろうと全ベタでクールランニング。

古川までは国道457号線で北上。

途中の「あ・ら・伊達な道の駅」でコーヒー休憩&ルート確認。

8時半という早い時間にもかかわらず、たくさんのお客さんであふれていました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 002

鳴子温泉近く。

あれれ、まだ紅葉は始まっていないようです。

これは幸先不安。

温泉地を抜けてさらに上ると鳴子峡。

2012.10.27_鳴子ツーリング 004

すばらしい!

¥200の駐車料金を払った甲斐がありました。

カメラがEX-G1と若干性能に見劣りするカメラなので写りはやや残念。

現地の眺めはすばらしかったんですよ。

ホント。

観光客もたくさんいました。

 

次に訪れたのは鳴子ダム。

前回は素通りしてしまいましたが、今回は放水もしていたので立ち寄りました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 005

2012.10.27_鳴子ツーリング 014

2012.10.27_鳴子ツーリング 012

 

次は国道108号線を当ても無く北上。

このまま行くと湯沢市内なのですが、途中に「こまち湯ったりロード」を発見。

川原毛地獄なる景勝地もあるらしいので進路変更。

目の前をとんでもなくゆっくりと走る二台の車。

ケツの痛みに耐えられず、ぶち抜かせてもらいました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 019

2012.10.27_鳴子ツーリング 022

これが「川原毛地獄」。

紅葉で色付く山の中に忽然と現れる白い山肌。

地面の至る所で噴煙を上げていました。

アイスクリームも売っていたのですが、腹の調子を考えてスルー。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 024

説明文の中には「有毒ガス注意。立ち入り禁止の中には入らないでください」との文字。

頼まれても「お断りします( ゚ω゚ )」

しばし写真撮影のために駐車。

パチパチ写真を取りまくり、大満足です。

曲がりくねった道を下り、次の目的地へ。

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 029

2012.10.27_鳴子ツーリング 027

麓の泥湯温泉。

町の出口に噴煙を上げる地面と息抜きの煙突。

触ってみると明らかに熱い地面。

地球の息吹というやつでしょうか。

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 030

「湯の宿 元湯くらぶ」

まだバイクに乗り始めて間もないころ、雨に降られ雨宿りした足湯。

今度は晴天。

そのせいか少しぬるかった。

でもさすが温泉。

足を暖めただけなのに体の心まで温まりました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 035

小安峡の紅葉とともに。

高いところから眺める景色はやはりすばらしい。

バイクもたくさん。

車もたくさん。

人もたくさん。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 037

湯浜峠のワンシーン。

おねーさんが写りこんでしまったのはご愛嬌。

彼氏とともに宇都宮からZZR1200に乗ってきたみたい。

遠路はるばる大変だ。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 038

 

 

 

 

 

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 041

最後に立ち寄った道の駅はなやま。

トイレ休憩後、GSでガソリンを入れ高速に乗って帰りました。

明日は天気が悪いようなので、明日こそ寝ていようと思います。

二泊三日の帰省ツーリング   Leave a comment

生まれも育ちも福島県相馬市民の初物ですこんばんわ。

一ヶ月ぶりの実家への帰省です。

ごんたがすごく喜んでくれました。

わんこってホントいいものですね。

去年の東日本大震災の影響で、我が家の蔵も取り壊されることになりました。

蔵の前には稲作用のハウスが設置してあるのですが、蔵の解体のためにハウスも一部解体となりました。

人力だけでは疲れるのでトラクターを引っ張り出してきて機械力を存分に発揮させたおかげで本日は筋肉痛です。

NCM_0001

お昼近くになってから仙台に向けて出発。

相馬をぐるっと一回り。

まずは原釜尾浜海水浴場。

いまだこんな感じ。

ギャルが見れないのが残念です。

来年はくるのかしら・・・。

NCM_0002

駐車場は草ぼーぼーです。

今日は天気がよかったせいか、観光客が大勢いました。

お店が無いのでさっぱり儲けになりませんが。

港も防波堤も復旧すらままならないのでお店を立て直せないでいるのです。

 

 

NCM_0003

松川浦漁港に並ぶ太公望。

瓦礫が沈んでいるせいか、頻繁に根掛りしているようです。

写真奥に流出した県道と応急処置の盛り土がみえます。

せっかく松川大橋を作ったのにもったいないのです。

早く復旧するといいなぁ。

 

NCM_0006お気に入りの霊山にあるアイスクリーム屋。

ジェラートというのでしょうか?

ともかくチョコミントはお気に入り。

お客の入りもまずまずのようです。

 

 

アイスクリームに別れを告げて、次は土湯峠に。

今日はさぞかしお客さんがいるだろうといってみると案の定。

車でごった返しておりました。

挙句にバイク専用駐車場にまで乗り付ける始末。

バイクのマナー云々を言う人も多いが圧倒的に車のマナーのほうが悪いのではないかと。

NCM_0007

磐梯朝日国立公園スカイライン猪苗代側の眺め。

いい景色でした。

携帯カメラしか持ってこなかったのが残念。

やっぱカメラはコンデジとはいえ専用機には勝てないよなぁ・・・。

NCM_0008

NCM_0009

頂上付近でまさかの大渋滞。

原因はもちろんお約束の・・・。

NCM_0010山頂レストハウスの駐車場待ち渋滞でした。

現在福島県内の観光有料道路はすべて無料化。

そして紅葉シーズンでもあるため人と車で大混雑。

残念ながら紅葉の見ごろにはまだ早いようですが。

 

 

NCM_0011

レストハウスは人がいっぱい。

トイレもいっぱい。

特に女子トイレ。

女の人にはこの行列は酷だよなぁ・・・。

 

 

NCM_0015山頂の荒々しい景色と車の列。

のぼり側斜線の渋滞がまたすごい。

このとき、既に13時は回っているのですが・・・。

何時に頂上に着くのやら。

「有毒ガス危険。停まると死ぬで」の看板が逝かす。

 

NCM_0019

渓谷の眺め。

観光道路とはいえすごいところを走っているのです。

 

 

 

 

NCM_0021

撮影した橋。

すさまじい高さにあります。

どうやって建てたのか。

理屈はわかるけどそれを実行してしまう土木建築技術がすごい。

こういう眺めはダムと同じぐらい大好きなのです。

 

本日の観光はここにておしまい。

飯坂インターチェンジから高速に乗って一足飛びに帰りました。

今日は晩御飯も幸楽苑で済ませ、ビールを買って帰りました。

お風呂ビールはまたすばらしいのです。

肩こりをよくほぐして明日に備えます。

それでは皆さんやおやすみなさい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。