南相馬市」タグのアーカイブ

平日休みの現場なので   Leave a comment

今からいわきに下道で移動します。。。

只今、亘理の幸楽苑(^^)b

梅雨明けした地域もあるようですが、絶賛曇り空。

南相馬の道の駅

何故か大入り満員(^^)b平日なのに。

国道6号線は浪江~常磐富岡間は2輪通行禁止のためその区間は常磐道を通りました。

富岡は未だシャッター街。

この通りを抜け、国道6号線へ。

KIMG0261

歩道橋のすぐ南にローソンが出来ていました。

朝の五時から夜九時までの営業時間だけどピカピカでした。

商売繁盛をお祈りします。

KIMG0262

道の駅四倉港の隣の海水浴場。

平日のためかはたまた風が強いせいか海水浴客は疎ら。

ビキニギャル三人組がいましたけども黒い三連星でした。

尤も、大好物ですがモンモンは頂けません。

その他にも入れ違いに二、三人の綺麗なスーツを着たおねーさんをサラリーマン風の男が海を案内していました。

そんな感じで1000時仙台発1545時いわき着のツーリングは終了。

目の保養は少しできました。

 

仕事で小さい失敗を繰り返してしまい、腐っています。

少額とは言え金銭的な損失もあり今回の工事は全く持って稼げません。

早く逃げ出したいがもう遅い。

くそう。

広告

南相馬市小高区:避難指示解除後・・・   Leave a comment

昨日から実家に帰省している初物ですこんにちは。

今朝は生ゴミを捨てる穴を掘り、ゴン太とトラクターを洗い、ボイラーを焚き付け、残った時間でプチツーに行ってきたのです。

時間短縮とばかりに南相馬市までは高速道を使うのです。
原発避難民のために無料解放しているのは有り難いことなのだけれど、何のことはない、電装の工事が終わってないから無料になっているだけ。
高速道無料化は公約だったのに、○○党さんは詐欺集団か。
単発のたった十数kmを解放したらかといって、山の中を走る道路。閑散としたもんです。
正直なところ、早く山元~相馬間を繋いで貰った方がうれしいのです。

image

いつも検問があったところを南側から。
規制が段階的に解除されて南相馬市小高区はほぼ解放されました。

image

原発災害のために放置された瓦礫や車両の山。
ようやくこれから本腰を入れられるのでしょうか?

image

小高区の町の入口付近。
ランドマークのガソリンスタンドにも、車が文字通り転がっていました。

image

タニコー工場近く。
津波がきたとは思えないほどひっそりとしていました。
それでもあたりに人影はなく、ゴーストタウンになっています。

image

南相馬市小高区浦尻付近。
地盤沈下で潮が引きません。
ここには土木工事で来たこともあったのですが、感慨深いものです。

image

もう少しで浪江町と言うところで、一般人の通行は終了。
本当にあと少しだったのだけど。

image

とある牧場付近。県道34号線より。
看板には「牛注意」とかかれていました。

image

監視カメラの前でポージングをキメながら一枚。
遠くに、厳しい一年を何とかくぐり抜けた牛の集団がゆったりと寝ころんでいました。
ダチョウは居なかったけど、ぶら下がった牛の骨がとてもシュールだった。

image

馬事公苑前の桜。
写りは良くないけど、立派に咲いていました。
馬の放牧もされていたので、今年の相馬野馬追いの馬かな?と期待しています。

image

フラワーランドより南相馬市一円の眺め。
緑と言うにはやや早かったようだ。

image

中村神社の桜。
今年もきれいに咲きました。
来年も綺麗に咲いて欲しいな。

実家に帰ったので   Leave a comment

ついでに南相馬市までプチツーして来ました。
本日はお日柄も良く久々のバイク日和なのです。
春の暖かな朝日を浴びながら一路南へ。

道は勝手知ったる県道34号線。
かつてはいわきへと続く酷道399号線と並ぶツーリングコース。
死ぬ前に、もう一度走破したい。

相馬市を抜け、南相馬市に入ると何やら赤いものが。

image

気球でした。
どこかのイベントだったみたいです。
残念ながら飛び立つわけではなく、体験遊覧のようでした。
青空に浮かぶそれは鮮やかな色合いで感動的。

image

南相馬市は現在、ご存じの通り南半分が原発事故の影響でこの有様です。
辺りは閑散として、道行く人も稀。
たまに買い物に来る人や原発に向かう関係者が六号線を走って行きます。

image

続いては某所にあるコンビニ。
現在「南相馬市の最南端」にあるのです。
すぐそこには検問があり、日夜任務に励む警察官達の貴重な憩いの場になっているのです。
今日の目的は実はここで缶コーヒーを飲んで来ることだったのです。

変かもしれませんが、ライダーは例え在り来たりの自販機だったとしても、一本の缶コーヒーを飲むため本州だって縦断してしまうような生き物なのです。

image

一杯の缶コーヒーを飲みながら、バイクをパシャリ。
走り始めて早八年選手。
手元に来てからは五年になります。
七月でローン完済なので名義変更が待ち遠しい。
もう五万キロ走りました。
それでもまだまだ現役。

発電機が燃えたりしてますが。

image

コーヒーを飲み干してコンビニを後に。
サラッと流して実家に帰宅。
それからまた仙台へ。

春はいよいよ本番。
バイクの暑い時期が来てしまうのです。

これまでの日々。   Leave a comment

ずいぶん長いこと更新していないので更新してみました。

ガードマンになって色々な場所に行くようになりました。

大体は震災復興関連のお仕事なのですが。

ご存知福島県は東京電力の原発災害も併せている為浜通りが北と南に分断されているのです。

たまーに立ち入り規制区域ギリギリ(地図上では入ってるんだけど)の地域でのお仕事もあります。

CIMG0664

JR常磐線南相馬市原町区最南端の無人駅「磐城太田」

本当に「無人の駅」になってしまいました。

この駅の近くに、今野畜産と言うお肉屋さんがあったので仕事帰りにメンチカツを買い食いして帰りました。

うまかっ です。

CIMG0658

被災地もテーマパークと化しており、連日カメラを抱えた太公望がやってきます。

記録を残して悪いとはいわないけれど、邪魔だ。(・∀・)カエレ!!

磐城太田で仕事しているときも、川崎ナンバー(だったかな?)のハイヤーが周辺をウロウロ。

CIMG0662

乗っていた客はどこかのジャーナリストみたいな人(以下「ジャ」)

一時間ぐらい目の前をウロウロして、ついに自分の目の前に。

車の窓が開き、中から顔をのぞかせ開口一番。

ジャ:この辺のセンターってどこですか?

俺:は?センターですか?

ジャ:いや、集落の公民館みたいな・・・

俺:知りません。

ジャ:・・・。

俺の態度に何かを悟ったように、そそくさと車は去っていきました。

正直に言うと知ってはいたのだが、車から降りず取材するにも名刺を渡さない。

そんなヤツに語る舌を持たぬ!

敢えて言うなら、今時携帯やらナビやらで調べられないことは無いのに敢えて人間に聞き込むと言うあたりが姑息で卑しい。

そんな態度が気に喰わない。足で稼げアホが。


閑話休題。

CIMG0676

七ヶ宿まで足を伸ばしソロツーリングしてきました。

空は青く気持ちよい風が吹き抜ける中、「日曜日よりの使者」を熱唱しながらのライディング。

マーベラス。

CIMG0677

帰りに某福島県某伊達市某霊山町にある行きつけのアイス屋へ。

トイレを借りると、戸口の中にかわいいヒナ・・・と言うのはちょっと大きめだけど、ヒナが口を大きく開けてピヨピヨしてました。

マジピヨピヨ。

人が来てもピヨピヨ。

カメラ構えてもピヨピヨ。

アイス食っててもピヨピヨ。

親鳥がえさを加えてやってくるとヽ( ゚д゚ )ノ ぅぉぉぉぉぉぉぉぉぉー

mjd。

明日は面接。イイ結果が出ますように。おやすみなさい。

新しい仕事と新しい一週間。   Leave a comment

新しい仕事に就いた初物です(=゚ω゚)ノコバーワ。

もう「32才無職w」なんていわせません。

僕の会社はどんなところかと言うと、身分審査が厳しいお仕事。

でも安月給。そんな感じ。

倉庫には大量の飲料水。最初は中国製だと思ったら、台湾製でした。台北市って書いてあったし。

シェルターなんかも設置してあるのです。 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

CIMG0457CIMG0459

CIMG0461

米国製のサーモンの缶詰等もある。一体何をやっている会社なんだ。

バット、アイラブ台湾。ノーもあ中国。

CIMG0463

面接後、飯館村に行ってきました。

閉まっちゃったのね、ココ。はす向かいの合同役場には警察が常駐。

いつに無く、閑散。

CIMG0465

はやま湖で釣り三昧の釣りキチ。

バス釣りかな?放射線とか関係なく、ダムは好きだがおどろおどろしい色合いのダム湖はやや苦手。

CIMG0466

いつに無くくすんだ色合いのダム湖。

晴れた日ならばもっと綺麗なんだけど。


入社後研修初日のメモ。

CIMG0469

仕事場である南相馬市での一コマ。外を歩く猫と窓から外を眺める猫。

CIMG0473

仕事場その二。

CIMG0474

海がうっすらと見える。去年は見えなかった場所から。

CIMG0477

ダンプと瓦礫の山。

CIMG0492

津波の塩害で真っ白にひび割れた田んぼ。

CIMG0494

被災地にはためく鯉幟。浜風の中を元気に泳いでいました。

CIMG0498

住宅とひっくり返った住宅。

CIMG0496

自転車でぶらつく不審者。仕事柄でもないが復旧作業を行う工事車両の合間でよく目立つ。

地元の人なのか、はたまた・・・。

CIMG0500

萱浜。一面、ガレキ。こんな中で、三ヶ月間頑張ってきた復興に従事する人たち。

CIMG0502CIMG0503

落ちてた一円玉。このあともう一枚拾い、近くに放置されていたブタの貯金箱に貯金。

ランドセルや学校の教材がいくあても無く放置されていた。

CIMG0504

津波で一階部分を無残にえぐられた豪邸。

比較的原形をとどめているせいか、住人やそのボランティアと思しき人たち、警察や安全パトロールがひっきりなしに来訪していた。

願わくばこの家にまた明かりがともりますように。

CIMG0506

分かりにくいけど真野川の河口に作られた集積場。

ダンプやパワーショベルが忙しく動いていた。

僕の現場はこんなもんです。

給料はそれほど高くはありません。

派遣会社からひっきりなしに勧誘電話が来るので正直グラグラ。

俺は何をやっているのだろうね。

蒸し暑いし疲れたしでそろそろ寝る時間。

明日も良い日でありますように。

おやすみなさい。

初物 による 自然災害, 仕事 への投稿 (2011/07/14)

タグ: , ,

日曜日。野良仕事のあと。   Leave a comment

今日はたくさん野菜を植えました。

ジャガイモも芽を出し、キュウリのつるは伸び、ナスも元気良く育っています。

午前中は米を精米したり、キュウリのネットを拡張したりと野良仕事をしました。

午後は少し時間が空いたので、バイクで走りに行きました。

目指すところは無かったのだけど、南相馬の南の行けるところまで行ってきました。

CIMG0377
国道六号線を行ける所まで南下した図。

どこかの警察の部隊が検問をしていました。

前回はバイクのナンバーを控えられてしまったので、今回は慎重に200m離れてのアプローチ。

近くのコンビニは午前10時から午後3時しか営業をしていないけれど、警察の人たちの貴重な食料調達先になっているようでした。

絶対、コンビニで検問場所を決めやがったなご苦労様です。

珈琲を一杯飲んだあと、南相馬市内をうろうろしてきました。

街の中は閑散としていたものの、原町自動車学校では大型ライダーの卵たちが走り回っていました。

CIMG0379
原ノ町駅に停車するスーパーひたちと普通電車。

この子達はいつ目的地にたどり着けるのでしょうか。

南はしばらく行けそうにありません。

北も新地町で線路が流されてしまいました。

爪痕はあまりに大きかったのです。

相馬市は雨が降ってきました。

相馬市の西側、飯館村と隣接した地域でも相当量の放射線が検出され始めました。

計画避難(僕自身は意味不明な解釈だと思いますが)も行われるようです。

「公表しちゃうと立谷市長の経営する相馬中央病院(旧名:立谷病院)の経営が困るから内緒にしてある。」

などと言う悪質な噂さえ立っています。

県外では福島ナンバーを見るといたずらされてしまう被害も「事実として」あったようです。

中通りも高い放射線を検出する地域が出てきました。

「中通りも計画避難にすると東北が麻痺するから情報隠蔽をしてでも政府は公表しない」

と言う噂まで。

政府を業務上過失致死罪とか殺人罪で告訴できないものかとおもう酔っ払いの夜。

初物 による ドライブ, 自然災害, 車/バイク, 事故, 人災 への投稿 (2011/06/05)

タグ: , ,

南相馬市小高区:避難指示区域を行く。   Leave a comment

僕はSNS「mixi」に登録しているのだが、マイミクからの要請で南相馬市以南の現在について調査してきた。

小高区には遠縁だが親戚もいるので様子を見るにはいい機会だった。

燃料は地元のガソリン事情が安定してきたので、心配することなく給油することが出来た。

CIMG0281

相馬市の磯辺から海側を眺める。太平洋沿岸の地域はどこも似たり寄ったりの景色だろう。

自衛隊や災害復旧の民間ボランティアが現地で活動しており、復興の兆しが見え隠れするが・・・

如何せん広大すぎる。

南相馬市鹿島区変電所前から相馬方向。
CIMG0282
国道六号線は海からずいぶんと離れているのだが、ここまで波が押し寄せてきたようだ。傍らには漁船が横たわり、山の斜面に刻まれた喫水の線がすさまじさを物語っている。傍らの警察の人たちに笑顔は無い。

南相馬市原町区北泉
CIMG0284CIMG0283CIMG0286目を覆う惨状だ。ありとあらゆる構造物が押し流され瓦礫に埋もれている。

東北の湘南と歌われた海水浴場もレストハウスは流され、砂浜は海に沈んだ。

発電所も津波に襲われ、止まったままだ。

海が全てを飲み込み、瓦礫が全てを覆った。誰を恨めばいいと言うのだろうか。

道路は細々と復旧しつつあるが、この公園の再開は・・・暫く先だろう。

CIMG0285
駐車場にぽつんと置かれた位牌。

誰のものかはわからない。

この家族は助かったのだろうか?

 

 

ひたすら瓦礫。瓦礫。瓦礫・・・。
CIMG0288
海岸駐車場と公園を結ぶコンクリート製の歩道橋が実に100m以上も流されていた。

何トンあるのだろうか。津波は重さ等と言う概念なぞ知ったことじゃなかったんだろうな。

南相馬市原町区菅浜地区付近。
CIMG0289
ここは農道ではない。立派な舗装道路だった場所だ。

いまだに警察や消防が重機を使って捜索活動をしていた。

津波は勢いそのままにアスファルトさえも根こそぎ削り取っていった。

CIMG0290
ここまで来てついに通行不能になってしまった。ここからは国道六号線よりの南下を目指す。

磐城太田にてついに避難指示区域の通行止め案内が出ていた。

写真を撮り忘れてしまったのでここの画像はない。

小高の町のほうから運送会社のワゴン車がやってきて、これ以上は危ないよ、道路も寸断されてる、と教えてくれた。

北のほうからも大型トラックがやってきて、山のほうの道は健在だけど、どうするんだい?と聞いてきた。

ビビッてたらそもそもバイクで来ませんよと挨拶を交わし別れた。

県道を通り、町の反対側からの進入。
CIMG0292CIMG0293CIMG0294
町はゴーストタウン化しているのかと思っていたら、たまにおじいちゃんが自転車に乗って通ったりしていて人が完全にいなくなったわけではないようだ。

だが、崩れた家屋や危険な状態の道路がそのまま放置されており事態の重大さを物語っている。

誰もいないし、誰かも分からない。

目の前を通った人物が泥棒であったかも知れないし、泥棒め!といわれればそれを否定する材料が僕には無かった。

疑心暗鬼のままゆっくりと町の中を移動する。

多くの学生が通り過ぎては賑わっていたはずの駅前通り。
CIMG0295
ふと目をやると道路に砂が浮いている。

・・・・・・・・・・・。
CIMG0296CIMG0297
駅の反対側は別世界だった。人々が避難し、誰もいなくなった土地。物音一つしない。

放棄された小高区役所
CIMG0299
簡易テントは傾き、ひっくり返っていた。
炊き出し用だったにちがいない資材が放置されている。
中を覗き込んでいると小高の土地改良区の職員が車に乗って敷地に滑り込んできた。
地震の被害にあった貯水池等を施設を現地調査しているらしい。
「どこからきたの?」
「相馬市です。連絡の付かない親戚を探しに来たんですが、誰もいません」
「この辺は避難指示出ているからわからないよ。相馬市に出先が出来てるみたいだが」
「そうですか。じゃあ、戻ってみることにします」
「気をつけてな」
「ありがとうございます」
バイクに跨り、無人の小高を出る。
南相馬市はいわき市と並んで原発災害の最前線だ。
山で守られてもいないから、モロに放射性物質の影響を受ける。
実際の放射線障害よりも風評被害のほうが重大なのは皮肉な話だ。
南相馬市のディーラーに車検の段取りを聞きに行った。
表には臨時休業との張り紙が出ていたが、中の人は応対してくれた。
車検をいつ受けられるかの話をすると“パーツやケミカルを運ぶトラックが風評を聞いて輸送を拒否しているからいつ再開できるか分からない”そうだ。
ここだけじゃない。
ファーストフード、ファミレス問わず、目に映る食堂関連は全て閉まっていた。
町内のガソリンスタンドも人がまばらですぐに給油できるのは皮肉な話しこの上ない。
となりの鹿島区でもガソリンスタンドは営業しており、とりあえずはガソリンの心配は少なくなってきたかもしれない。
大手のスーパーマーケットやDIYショップはほとんどが閉まり、個人商店も営業しているところはまばら。
鹿島区の境にあるダイユーだけは開いていた。
ただ表が開いているだけじゃないのかという場所もあった。
学校と言う学校は校門こそ開いているものの人気は無い。
原町自動車学校では教習車が動いていた。相馬の東部自動車学校も営業しているらしい。
そうか、LPGだから問題ないのか。
町を抜け、相馬に帰る。
幾台もの警察車両とすれ違い、埃っぽい生臭い空気を吸いながら家路に。
鹿島区のセブン脇にあるGSでクレジットカードを使って給油しようとしたら「カード会社のご都合でご利用できません」だそうだ。
別なクレジットカードはしっかりと使えたので、引き落とし出来なくて停止されたのかも。
お金ないなぁ。
相馬に戻ってきて、幸楽苑で餃子とラーメンを食べた。久々のご馳走だ。
凄くおいしかった。お客も長蛇の列だった。
マクドナルドも営業しており、女子高生(なぜ男子がいない?)や家族連れでごった返していた。
普通の週末みたいだ。
道路一本それると地獄絵図とは思えない、そんな非日常的な一日でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。