「車/バイク」カテゴリーのアーカイブ

気仙沼大橋に行ってきました。   Leave a comment

一ヶ月ぐらい前なのだけれども。

NHKでも特集されたように良い橋でした。

DSC_0113

全鉄骨構造で中々の高さ。

近くには気仙沼湾横断橋なんかも建設されてどうなっちゃうの気仙沼。

まぁツーリングスポットが増えるのは良い事。

閑話休題。

うちの娘がもうすぐ一歳を迎えます。

DSCN0985

こんなんだったのが↑

こうなって↓

DSCN1409

↓こうなりました。

DSCN1655

一年間頑張ってくれてありがとう。

これからもずっと一緒だよと孫はまだかと考えている今日この頃。

この子が二十歳になったら俺60だよぉぉぉおおぉおおおおおおおッ

飯塚幸三を見て思う事   Leave a comment

先ずはあまりにも理不尽で不憫だ。

無くなった母子に心からの哀悼を捧げたいと思います。

対してこれほどの事故を起こしておきながら飯塚幸三「さん」(87)は病院で大切に看護されているそうな。

かたや市バスの運転手はやったことは変わらないのに即「タイーホ」。

容疑者になるかどうかの境目は悪質性や証拠隠滅や逃亡など捜査を妨害しうることが判断の一つになるらしいが・・・

バスのドライバーが証拠隠滅できるのかいな?悪質性って、つまりは轢き殺す意図があったって事か?

まさに上級国民様。

はらわたが煮えくり返るとはこのことである。

勲章貰っていようが省庁で優秀な人物だったとしても、人殺しは人殺しである。

これが本当の忖度というモノだよ。

かけいがくえん(なぜかかんじがわからない)なんてメじゃねぇ。

老人+プリウスは事故要因として大いに追及されるべきだ。

先日、とあるまとめサイトでの論破厨が事故率は老人に比べ10代20代が圧倒的に多いと言っていた。

確かにその通りだ。死人だって実際に多い。

だがこの場合は「運転技術」ではなく、「運転能力」が問われている。

若者はイキった末に「意図的な操作」をし無謀運転の末、他人を巻き込み民地になる場合が多い。

老人は大半がぶっちぎりで操作不適。「ブレーキ踏んでるつもりが実はアクセル」つまり「意図しない操作」をして危険運転の末に他人を巻き込むのである。

意識して無謀運転か意図せず暴走か。前者が馬鹿なら後者は阿呆と言える。

分別つかないのが良いか、思考停止でアクセルジャンキーがイイのかは諸氏の判断に任せるが。

論点がずれてしまった。少し話を戻そう。

87歳ともなれば当然後期高齢者として運転免許の更新の際は特別な試験を受けることなる。

この(敢えて言うが)殺人爺も試験はパスしている。

問題なのは2年間の免許有効期間内での運転能力の減退である。

次の日に血管詰まって半身不随でも、ボケ老人になったとしても免許は免許なのだ。

現実的に免許の有効期間がその衰えの速度に対して長すぎる。

一年でいいよ一年で。それでも年齢で強制的に免許取り消しになるよりはずっと優しいだろう。

免許でしかアイデンティティを保てないのであればそんなボケ老人は社会には必要ない。

むしろ害悪である。

人間と野生動物は違うが、足を失えば飢えて死ぬ。それは自然の摂理だ。

それに逆らって殺人機械を乗り回して事が起きたら人のせい。

そんな人間は人間ではない。

故に、事故を起こせば確実に自分の命を以って(償う事は出来ないが)謝罪できるバイクに乗るべきだ。

なに?バイクは倒れるじゃないか?危ないじゃないか?

否。それを認めれば「優秀な運転能力があって初めて乗れるバイク」と「劣った運転能力でも乗れる車」と言う事になる。

乗り手の能力:バイク≧車と自ら認めることになるのだ。確かに一部の原付ライダーの頭の悪さには閉口するが。

乗れる奴は何だってうまく乗れるのだ。

このニュースを聞いて雄たけびを上げながらハイハイをしているわが娘を見ていると胸が痛くなる。

キッチンに立っている嫁が忽然といなくなる恐怖に戦慄する。

この気持ちが殺人爺に残っていればいいのだが。

初物 による 車/バイク, 未分類, 事故, 人災 への投稿 (2019/04/22)

平日休みの現場なので   Leave a comment

今からいわきに下道で移動します。。。

只今、亘理の幸楽苑(^^)b

梅雨明けした地域もあるようですが、絶賛曇り空。

南相馬の道の駅

何故か大入り満員(^^)b平日なのに。

国道6号線は浪江~常磐富岡間は2輪通行禁止のためその区間は常磐道を通りました。

富岡は未だシャッター街。

この通りを抜け、国道6号線へ。

KIMG0261

歩道橋のすぐ南にローソンが出来ていました。

朝の五時から夜九時までの営業時間だけどピカピカでした。

商売繁盛をお祈りします。

KIMG0262

道の駅四倉港の隣の海水浴場。

平日のためかはたまた風が強いせいか海水浴客は疎ら。

ビキニギャル三人組がいましたけども黒い三連星でした。

尤も、大好物ですがモンモンは頂けません。

その他にも入れ違いに二、三人の綺麗なスーツを着たおねーさんをサラリーマン風の男が海を案内していました。

そんな感じで1000時仙台発1545時いわき着のツーリングは終了。

目の保養は少しできました。

 

仕事で小さい失敗を繰り返してしまい、腐っています。

少額とは言え金銭的な損失もあり今回の工事は全く持って稼げません。

早く逃げ出したいがもう遅い。

くそう。

水道料金支払いの旅   Leave a comment

水道料金を滞納支払い忘れていたため二日間の会社指定休を使い仙台に水道料金を支払いに行ってきました。

火曜日夕暮れにいわきを出発し、2200時頃にアパートにつきました。

いわきから仙台東までバイクで¥3,250也。

二輪なのに全然安くないしかと言って早く着く訳でも無いので損した気分です。

コンビニで支払いを済ませ、食料を買い飲んだくれて就寝。

翌日はグダグダしながらお昼過ぎにアパートを出て相馬の実家に帰省。

相馬港での試験操業で獲れたカレイを父上が貰って来たので煮つけと刺身で食べました。

KIMG0227[1]

おいしかったです(^q^)

今日は仕事場のいわきに戻るべく朝10時に実家を出発。

県道34号線から国道399号線に入り、県道31号線を走って夏井川渓谷を通り、1600時に宿に到着。

途中、道の駅東和に立ち寄りジェラートを食べました。

KIMG0228[1]

KIMG0229[1]

おいしかったです(^q^)

休憩に道の駅四倉に寄ってコーヒー飲みました。

海開きをしたせいか、疎らなれど海水浴を楽しむ人もちらほら。

巨大な堤防に圧倒されつつも復興も牛歩だけど着実に進んでいるんだなぁと。

ギャルは少なかったですね(^^)

久々にがっつり走ったので体の鈍り具合にがっかりしつつ、心地よい疲れに包まれております。

今夜はよく眠れそうです。

それではみなさん、おやすみなさい。

銀山温泉を徘徊。   Leave a comment

image

入り口

image

ゆばーば。

image

カレーパン喰って、

image

滝を盗撮(白目)

初物 による トラベル, ドライブ, 自然, 食べ物, 観光, 車/バイク への投稿 (2016/06/23)

タグ:

秋も深まって。   Leave a comment

しばらくブログを更新していなかった初物ですこんにちは。

秋田は大館市に出張ではや二ヶ月半。

仕事も大詰めで胃がキリキリしてきました。

工事金額自体は大したことないんだけど。

ただ、折角北に来たんだから走らない手はない。

バイクも持ってきたし色々行きました。

image

まずは樹海ラインを通っての十和田湖北端の展望台より。

十和田湖は岩手県と青森県に股がっているのでこの写真は青森側から岩手県を眺める格好になります。

image

展望台とバイク。

天候は晴れなんですが中々道路が乾かない。

日曜日だと言うのに閑散としていました。

image

image

学校カフェとチーズケーキ。

最初は晴れていたのですが、ケーキを食べている最中ににわか雨。

この時期のツーリングは天気の見極めが難しいのです。

image

image

十和田湖南岸のやすみやと言う所でコーヒーを淹れようと思ったのですが、強風のため成らず。

温いコーヒーになってしまいました。

image

樹海ラインの起点である小坂町の小坂鉄道レールパーク。

元々は小坂鉱山の専用線を廃止に合わせて観光地化したモノで、車両基地・構内・車両が動態保存されています。

image

車両基地には動態保存された機関車や台車が保管され一般公開されています。

また、トロッコの体験乗車やレールバイク(トロッコと自転車を合わせたようなもの)の乗車体験も出来ます。

小坂の町には「小坂鉱山事務所」と言う史跡兼博物館や劇場もあります。

image

image

楽しい一日でした。

お次は田沢湖ルート。

image

「玉川毒水」で有名な玉川温泉。

古くは温泉に含まれる硫黄を取り出して出荷していた時期もあったそうです。

image

自分が最初に来たのはまだ中学生の頃。

建物は変わりましたが趣は当時のままでした。

image

玉川温泉から流れ出る強酸性の原水はかつて流域の農家を苦しめました。

現在では中間にある中和施設を経てここ玉川ダムにて堪水され田畑を潤しています。

ダム湖畔に展示室が設けられ、展望台も設置されています。

展示室には色々な剥製が置いてあります。

見ていると楽しいですよ。

image

お待ちしております。

image

たつこの像と一緒に。

田沢湖ではひめますの養殖も行われています。

餌も売ってるのでばらまくと楽しいです。

image

帰りはアスピーテラインに登り、山の眺めを堪能しました。

image

今度は上手くいった山頂コーヒー。登山者の目を引いていました。

image

頂上展望台にて。

image

ところ変わって青森県は龍飛岬。

この日はどしゃ降りで折角の龍泊ラインも残念なことに。

体力も限界で階段国道のこの写真ぐらいしかありません。

晴れてるときにまた来たいと思います。

image

秋田県最後のツーリングは入道埼灯台。

あと何回来れるか感慨深いものです。

image

ホテルにて。

比内地鶏を食べてみたくて鍋に挑戦してみたけど見事失敗。

欲をかきすぎてしょっぱすぎ、肉多すぎ、脂っこすぎという残念な結果に。

今度はちゃんとした鍋を購入して再度挑戦したいと思います。

駆け足となってしまいましたが中々どうして楽しい秋田巡りでした。

今度はちゃんと遊びに来たいと思います。

おしまい。

今日から大館。   Leave a comment

ビルの改修工事で今日から三ヶ月間、大館出張。
お昼前に会社を出て、泉I.C.から東北道へ。
途中盛岡でお仕事の打ち合わせをして高速に戻るのも面倒な気がしてきたので下道で行くことに。

ところがどっこい、すげー遠い。
ナビに距離優先モードで再検索させたらアスピーテラインなる元観光道路が。
とにかく早いに違いないとどんどん山奥へ進む判断は間違っていたのでした。
すごい山、やま、やままたやま・・・・。
やぐらがそこかしこに建っていたので温泉でも掘っているのかなと思いつつベタブミアクセルのライトバン。
やー、車に申し訳ない。
素直に高速に戻ればよかった。

何だかんだで出発から約5時間かかって漸く大館入り。
ホテルにはいって速攻裸族→シャワー→びーるがうめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

ホテルは夕食と朝食が出るんだけど、すげー量が多い。
晩飯食べきれなかった、、、、
ごめんよ料理人の人。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。