「観光」カテゴリーのアーカイブ

平日休みの現場なので   Leave a comment

今からいわきに下道で移動します。。。

只今、亘理の幸楽苑(^^)b

梅雨明けした地域もあるようですが、絶賛曇り空。

南相馬の道の駅

何故か大入り満員(^^)b平日なのに。

国道6号線は浪江~常磐富岡間は2輪通行禁止のためその区間は常磐道を通りました。

富岡は未だシャッター街。

この通りを抜け、国道6号線へ。

KIMG0261

歩道橋のすぐ南にローソンが出来ていました。

朝の五時から夜九時までの営業時間だけどピカピカでした。

商売繁盛をお祈りします。

KIMG0262

道の駅四倉港の隣の海水浴場。

平日のためかはたまた風が強いせいか海水浴客は疎ら。

ビキニギャル三人組がいましたけども黒い三連星でした。

尤も、大好物ですがモンモンは頂けません。

その他にも入れ違いに二、三人の綺麗なスーツを着たおねーさんをサラリーマン風の男が海を案内していました。

そんな感じで1000時仙台発1545時いわき着のツーリングは終了。

目の保養は少しできました。

 

仕事で小さい失敗を繰り返してしまい、腐っています。

少額とは言え金銭的な損失もあり今回の工事は全く持って稼げません。

早く逃げ出したいがもう遅い。

くそう。

広告

水道料金支払いの旅   Leave a comment

水道料金を滞納支払い忘れていたため二日間の会社指定休を使い仙台に水道料金を支払いに行ってきました。

火曜日夕暮れにいわきを出発し、2200時頃にアパートにつきました。

いわきから仙台東までバイクで¥3,250也。

二輪なのに全然安くないしかと言って早く着く訳でも無いので損した気分です。

コンビニで支払いを済ませ、食料を買い飲んだくれて就寝。

翌日はグダグダしながらお昼過ぎにアパートを出て相馬の実家に帰省。

相馬港での試験操業で獲れたカレイを父上が貰って来たので煮つけと刺身で食べました。

KIMG0227[1]

おいしかったです(^q^)

今日は仕事場のいわきに戻るべく朝10時に実家を出発。

県道34号線から国道399号線に入り、県道31号線を走って夏井川渓谷を通り、1600時に宿に到着。

途中、道の駅東和に立ち寄りジェラートを食べました。

KIMG0228[1]

KIMG0229[1]

おいしかったです(^q^)

休憩に道の駅四倉に寄ってコーヒー飲みました。

海開きをしたせいか、疎らなれど海水浴を楽しむ人もちらほら。

巨大な堤防に圧倒されつつも復興も牛歩だけど着実に進んでいるんだなぁと。

ギャルは少なかったですね(^^)

久々にがっつり走ったので体の鈍り具合にがっかりしつつ、心地よい疲れに包まれております。

今夜はよく眠れそうです。

それではみなさん、おやすみなさい。

銀山温泉を徘徊。   Leave a comment

image

入り口

image

ゆばーば。

image

カレーパン喰って、

image

滝を盗撮(白目)

初物 による トラベル, ドライブ, 自然, 食べ物, 観光, 車/バイク への投稿 (2016/06/23)

タグ:

秋も深まって。   Leave a comment

しばらくブログを更新していなかった初物ですこんにちは。

秋田は大館市に出張ではや二ヶ月半。

仕事も大詰めで胃がキリキリしてきました。

工事金額自体は大したことないんだけど。

ただ、折角北に来たんだから走らない手はない。

バイクも持ってきたし色々行きました。

image

まずは樹海ラインを通っての十和田湖北端の展望台より。

十和田湖は岩手県と青森県に股がっているのでこの写真は青森側から岩手県を眺める格好になります。

image

展望台とバイク。

天候は晴れなんですが中々道路が乾かない。

日曜日だと言うのに閑散としていました。

image

image

学校カフェとチーズケーキ。

最初は晴れていたのですが、ケーキを食べている最中ににわか雨。

この時期のツーリングは天気の見極めが難しいのです。

image

image

十和田湖南岸のやすみやと言う所でコーヒーを淹れようと思ったのですが、強風のため成らず。

温いコーヒーになってしまいました。

image

樹海ラインの起点である小坂町の小坂鉄道レールパーク。

元々は小坂鉱山の専用線を廃止に合わせて観光地化したモノで、車両基地・構内・車両が動態保存されています。

image

車両基地には動態保存された機関車や台車が保管され一般公開されています。

また、トロッコの体験乗車やレールバイク(トロッコと自転車を合わせたようなもの)の乗車体験も出来ます。

小坂の町には「小坂鉱山事務所」と言う史跡兼博物館や劇場もあります。

image

image

楽しい一日でした。

お次は田沢湖ルート。

image

「玉川毒水」で有名な玉川温泉。

古くは温泉に含まれる硫黄を取り出して出荷していた時期もあったそうです。

image

自分が最初に来たのはまだ中学生の頃。

建物は変わりましたが趣は当時のままでした。

image

玉川温泉から流れ出る強酸性の原水はかつて流域の農家を苦しめました。

現在では中間にある中和施設を経てここ玉川ダムにて堪水され田畑を潤しています。

ダム湖畔に展示室が設けられ、展望台も設置されています。

展示室には色々な剥製が置いてあります。

見ていると楽しいですよ。

image

お待ちしております。

image

たつこの像と一緒に。

田沢湖ではひめますの養殖も行われています。

餌も売ってるのでばらまくと楽しいです。

image

帰りはアスピーテラインに登り、山の眺めを堪能しました。

image

今度は上手くいった山頂コーヒー。登山者の目を引いていました。

image

頂上展望台にて。

image

ところ変わって青森県は龍飛岬。

この日はどしゃ降りで折角の龍泊ラインも残念なことに。

体力も限界で階段国道のこの写真ぐらいしかありません。

晴れてるときにまた来たいと思います。

image

秋田県最後のツーリングは入道埼灯台。

あと何回来れるか感慨深いものです。

image

ホテルにて。

比内地鶏を食べてみたくて鍋に挑戦してみたけど見事失敗。

欲をかきすぎてしょっぱすぎ、肉多すぎ、脂っこすぎという残念な結果に。

今度はちゃんとした鍋を購入して再度挑戦したいと思います。

駆け足となってしまいましたが中々どうして楽しい秋田巡りでした。

今度はちゃんと遊びに来たいと思います。

おしまい。

今日から大館。   Leave a comment

ビルの改修工事で今日から三ヶ月間、大館出張。
お昼前に会社を出て、泉I.C.から東北道へ。
途中盛岡でお仕事の打ち合わせをして高速に戻るのも面倒な気がしてきたので下道で行くことに。

ところがどっこい、すげー遠い。
ナビに距離優先モードで再検索させたらアスピーテラインなる元観光道路が。
とにかく早いに違いないとどんどん山奥へ進む判断は間違っていたのでした。
すごい山、やま、やままたやま・・・・。
やぐらがそこかしこに建っていたので温泉でも掘っているのかなと思いつつベタブミアクセルのライトバン。
やー、車に申し訳ない。
素直に高速に戻ればよかった。

何だかんだで出発から約5時間かかって漸く大館入り。
ホテルにはいって速攻裸族→シャワー→びーるがうめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

ホテルは夕食と朝食が出るんだけど、すげー量が多い。
晩飯食べきれなかった、、、、
ごめんよ料理人の人。

今日一日(^^)b   Leave a comment

暑いので蔵王に行ってきました(^^)b

image

日も高く登り、空にはメットライフアリコが飛んでいました。
時間も勿体無いので高速道路で白石まで一っ走り。

image

道の駅七ヶ宿で小休止。
いつぞやの一軒家は引っ越しも終わりひっそりとしていました。
また来年、来ますかねぇ。

image

蔵王の山体を臨む。
来るのが遅かったせいか、遅い乗用車が多数。
もうちょっと早く出てくれば良かった。

image

出発から二時間(^^)b
蔵王ハイラインの駐車場に到着。
最高の天気と景観です。
と言うか、ハイラインの料金所&料金半端杉内?
自動二輪¥380かぁ・・・。
まぁスカイラインは無料化される前は¥1,000だったけど徴収が遅くてそれだけで渋滞。
バイクは100円車は1000円ポッキリにした方が良いと思います。

image

御釜と五色岳。
風も涼しく観光客もたくさん。
ああ、帰りたくない。
山頂で無線機に耳を傾けると、南は郡山、北は盛岡まで聞こえました。
やっぱり高い山は電波飛ぶのねぇ。
試しに仙台一番町のレピータと言う設備に信号を送ってみると、無事信号が受信されました。
5Wハンディでも意外に飛ぶもんです。

帰り道は川崎町と秋保を抜けて仙台へ。
南吉成の幸楽苑でラーメン食べて併設のシェルで給油して帰りました。
会員以外ハイオク\150/Lは高いと思います。

お疲れさまでした。

梅雨が明けたようなので。   Leave a comment

プチツー行ってきました。

が、朝から左の股関節辺りに筋肉痛のようなひどい痛み。
どうしようと1時間のたうち回り、シャワー浴びて出掛けました。

image

時短のために東北道で飯坂まで。
行楽客の人出はまずまず。

image

そろそろ巣立ちを予感させる三兄弟の一軒家がありました。
周りは果樹園や牧場があり、蛇の心配もない一等地(^^)b
来年も見れると良いですね。

image

image

噴火の心配か、例年よりは観光客は少な目。
それでも亀のように遅い乗用車やブラインドコーナーでセンター割って飛び出てくる下りの大型バスにヒィヒィ。
登りはスムーズに走って欲しいのです。
「窓を閉めて走行してください」の生々しい看板。
窓を開けて走るといろんな虫が飛び込んできます(^^)b

image

頂上の駐車場は入りはマズマズ。
噴煙を見上げたライダー達が口々に「あれ噴火したらやベーよな」と話していました。
自分としては噴煙が止んだところをまだ一度も見たことがないのですが(^^)b

image

スカイラインを下ってそのままレークラインへ。
レストハウスにて磐梯山をバックに一枚。
相変わらず車は少な目だがたまに走ってる車はとても遅い。
煽ることはしなくても暑くてイライラすることも。

image

ゴールドラインに潜んでいた白バイの二機編隊にビビりながらも天鏡台まで来ました。
気温が高すぎると霞がかかって上手く写真が撮れないのです。

image

天鏡台の休憩所と磐梯山(^^)b
休憩所は広々としてて家族連れマジおすすめ。
写真左は日時計。

image

公園はキレイに管理されていて、ピクニックに最適(^^)b
盆地は暑いがここは涼しい。
朝方と夕焼けは逸品らしいが見たこと無いです。

帰りは猪苗代で幸楽苑の担々麺大盛と餃子食べて帰りました(^^)b
楽しかったです。

image

おまけ:浄土平から臨む噴気口(^^)b

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。