「モバイル」カテゴリーのアーカイブ

初物は転職wするようです。   Leave a comment

部屋を片付けると何故かごみの山になる初物ですこんにちは。

転職する事になったんです転職。

大事な事なので二度言いました。

事の発端は先月9月30日に労働契約が切れるにも拘らず放置していたため。

継続の意思は伝えていたものの、肝心の契約更新がされないためじゃあ切れるんで辞めますってことに。

そしたら派遣先から「そんな話は聞いていない」「お前の勝手で辞めるなんて現場はどうなるんだ」と猛プッシュ。

それはその通り。派遣会社は継続しますの説明しかしていないから。

まぁもう更新する気はないので今月は残りの有給消化と引っ越しに明け暮れます。

仕事は決まっているのですが当分は盛岡で働くみたい。

イヤになったら辞めます。

アパートは人生初のメゾネットタイプ。

審査に通ることが前提だけど、わくわくします。

ダメだったら奈落ですが。

 

ー閑話休題ー

会社貸与のモバイルルーターが使えなくなるので、何気なく通信量を調べていました。

有名な、そして非常に厄介な「7GB」の壁。

Softbankやau、DoCoMoが高速大容量の通信サービスを提供し始めていますが、だから何なのって人も多いはず。

その原因は上記の「いくら速くても通信制限があっという間にかかってしまう」と言うダメダメ感。

確かに動画サイトやSNSに写真アップロード等で通信量はうなぎのぼり。

携帯電話会社の説明や一部の意識高い系の人たちの説明をいかに要約する。

  • 7GB以上の通信を毎月行うヘビーユーザーは全体の5%程度
  • 基地局はユーザーに対して少ないので通信速度を維持するために設備投資が必要
  • 設備投資にはお金がかかるが5%のユーザーのために95%のユーザーにも負担を求められない→不公平である
  • 不公平感を防ぐために通信速度制限を行う

ただ、この説明では大多数の人は納得できないと思う。何故なら「通信速度制限が架かるのか」の説明にはなっていないからだ。

簡単に言えば、焼肉屋が飲み放題・食べ放題サービス利用のお客に対して「爆食のお客と小食のお客では同じ金額では不公平だから爆食の人にはこれ以上メニューを出しません」

と言っているようなもの。誰が納得できるのかという話だ。

  • 制限有なんてそもそも定額サービスじゃないだろ。
  • ベストエフォート型のサービスなのに(謳い文句通りの速度も最初から出ていない)サービス料金自体がおかしい。
  • 残り95%の客からぼったくってんのは5%の客ではなく回線業者。客の通信量を把握しているなら安いプランを最初から提案するべきだ。
  • 通信不能と言える速度は現実的に回線切断と同義(通信できないのに何で金をはらわにゃいかんのか)

不公平なのは小食の客の方である。あんまり食べてないのに爆食の客と同じ金額を払わされている訳だから。

つまりは食べ放題飲み放題メニューを最初から必要としていないのだ。

でも、もしかしたら使っちゃうかもしれないから定額にしておこうかなという携帯電話会社の口車に乗っているだけの話。

また「通信速度制限での速度」も問題だ。制限が掛かると実測値で百数十kbps、つまり秒間十数kバイト程度の通信速度しか得られなくなる。

これでは制御コードのやり取りだけで精いっぱいである。そこまで下げる必要の根拠を誰も言っていない。

1Mbps程度維持してもらえれば何の問題もないのに、である。

実際auのLTEは平均ダウンリンク30Mbps程度の実測値なので、乱暴ではあるが1/1000まで制限がかけられていると言っていい。

これは流石にお金を出す側としても納得できないだろう。3Gの方がまだ速度が出るからだ。

そしてその不公平感を盾に自社の有線サービスを保護している事も特筆するべきことだ。

実際の支払においてもスマホの契約料金と優先の契約料金はほとんど同じ。まして設備投資に関しては携帯基地局設置の方が安い。

MVNOの概念とその格安さが市民権を得るに従い、結局大手三社ものその詭弁だけではやっていけなくなり方針転換をしつつある。

携帯電話会社なんてのもおかしな話で、回線業者は回線だけ売っていればいいのである。

通信インフラとしてSIMフリーはむしろ当然の話で今までの胡坐をかいた殿様商売が異常だっただけ。

権益守るために今後も大手三社の悪あがきは続くと思うがぜひとも価格破壊は進めてもらいたいものである。

広告

Android 4.4は黒歴史となるか。   Leave a comment

一昨日、au TORQUE G01に乗り換えた初物ですこんにちは。

携帯機種変したんですよ機種変。

大事な事なので二度言いました。

さて、TORQUEにはOSとして「Android 4.4」が搭載されています。

前評判は大したもので去年の夏モデルはそれ一色。まるで4.4じゃなければ時代遅れ的な。

ところが、使ってみてからあらびっくり。

とんでもない欠陥品とも言える改悪がなされているのです。これはハードの問題ではなくソフトの問題。

どの企業にも言える事なんですが、ある程度会社規模が大きくなっちゃうと意識高い系()とかいう輩が出てきます。

彼らの悪いところは現状維持が嫌いなところ。良いところも何か弄らないと気が済まない。

結果良かったものは悪く、悪かったものはより悪くなります。なんていうんでしょうね。

開発が独りよがりというか作ってる人も何を作ってるかわからないんじゃないかな。

手っ取り早くAndroid4.4の悪い所だけを搔い摘んでご報告。

  1. マナーモード→完全ミュートができない。電車の中でYoutubeが爆音で鳴る。
  2. 充電中ディスプレイ点灯のオプションが消えてる→ポップアップが消えるためLEDが機能しないと通知がわからない。
  3. 印刷のサポート→HP、CANON、EPSONのごく一部だけ。プリインオフィススイートの印刷機能は有料オプション。
  4. SDカードの書きこみ不可→内部メモリを小さいのを買ってSDカードで容量稼ぐことができない

特に4は深刻で内部のデータをSDカードに書き出せないという事態に。

アプリのインストールもできません。

カメラのデータは移せない、ダウンロードしたコンテンツは移せない、とんでもない改悪なのです。

今のところこの仕様が変更される予定はなく「Android 5.0」ではまた読み書き可能になるそうです。

前評判で仕様変更の簡単な説明でもあれば問題なかったのに買っていきなりかー・・・。

建前としてSDカードに保存されたデータを保護する目的とのことですが。

なら削除・上書き禁止にすれば用意だけなのでまったく違った意図を感じます。

「違法ダウンロードを妨害する」戦略。

馬鹿でかいファイルも保存できなきゃ意味がないので容量が大きい外部SDへの書き込みを面倒にしてしまえば

前述したように、Android5.0からまた書き込みができるようになるため本当に何のための改造なのかわからない謎仕様なのです。

G01はハードが優秀で長く使えると思ったらソフトが地雷だったでござる。

アップデートされるとよいのになー。

携帯を買い換えました。   Leave a comment

au CAL-21 から au TORQUE に。
今月で購入してから丸2年。
長かったような短かった様な。

image

今度のスマホは非接触型充電機能を持ってるスグレモノ。
MIL規格準拠の衝撃対応ボディ。
至らぬところは多いけど、まあ付き合ってみます。

そうそう、うちのとーちゃん切腹することになったんですよ切腹。
なんでこんな寒いときにと思いつつ、明日は手術の日。
無事に目が覚めるといいな。

Androidタブレットはパソコンの代わりになるか?   Leave a comment

先々月、愛用していたau XOOMを床に落として壊してしまったのです。
泣く泣く修理を諦め、amazonでFAR75Aを購入。

買ってから気がついたものの、これはDocomoで売ってるF-01DのWi-fiモデルなのです。
富士通の常として多機能すぎるけど欲しい機能は全く実現できていない残念モデルなのです。
正直、UIはXOOMの方が圧倒的に便利でした。
処理性能は高くてもどうしても全く求められていない個性を出したい富士通が作った悲しいモデルなのです。
また、Bluetoothにも一部不具合がありGS ECOTESTというBluetooth接続の放射線計測器が接続できないのです。
ディスプレイ表示にも問題があり、バッテリーの消費が異常に大きいので充電していても電池が空になる場合があります。
マジっすか。二時間充電すればFULLになるXOOMと違って8時間充電してもバッテリー警告とか信じられないのです。
コイツ安いなーで気がつくべきでした。

image

そしてそんな扱いにもなれた頃GoogleプレイにてPrintshearというアプリを知ったのです。
通常、Bluetoothを使用した印刷にはBIPとBPPというプロファイルが必要なのですが、FAR75Aにはそれがないのです。
なのでそれを補償するのがこのアプリ。
繋ぐプリンターはこれ。

image

CANONのiP100。
有線は元より赤外線・オプションでBluetoothによる無線接続、バッテリーも搭載できて正に出張ガー御用達のマシン。
早速Bluetoothのユニットとバッテリーを搭載しました。

image

バッテリーを搭載したリアビュー。
グレーの部分は電池カバーで内部にバッテリーがあります。
内蔵したBluetoothユニットは実は純正以外でも対応できるものがあります。
純正はお高いので二千円ぐらいですがググって見るのもいいと思います。

image

同じくマウス。
とにかく全ての入力機器はBluetoothにするのです。

image

キーボード。
タブレットカバーに付属していました。
機能的には問題なく動いてますが、問題なのはカバー。
樹脂パッドになっていますが収納時に強く圧迫すると樹脂パッドがキーボードのボディにくっついて最悪破けてしまうのです。
写真上部中央のキーボードの汚れのような二つの点は樹脂パッドのせいで穴が空いてしまった部分なのです。
取り扱いは丁寧にってところですかね。
タブレットをセットするとこんな感じ。

image

標準では接続しても入力ができないので、Googleプレイから入力用のアプリをダウンロードしなければいけません。
画面をタップするよりは長時間の入力も快適になりました。
ただ、キータッチの音はやや大きめ。
静かな場所で使いたいときはやっぱり標準の入力の方がいいかも。
IPadほどではないけれど、ちょっとはドヤ顔できるかな?

image

音楽を聞きたいときにヘッドホン。
マイクも内蔵しているのでスカイプにも使えるし、普段はスマホに繋いでハンズフリーにしています。

ここまで来て、全てを並べてみますとこんな感じ。

image

ここまで接続してタブレット内蔵のワープロで無理無く印刷できました。
タブレットは充電中でスタンドに乗っていますが、これだけで全てコードレス。
無線LANとBluetoothでこんなに便利なるのは素晴らしいのです。
そろそろノートパソコンいらねぇって言う時代も近いのかもしれません。

au CUBE&DATA08WでLANを構築しますた。   Leave a comment

au DATA08Wを購入し約二年が経ちました。
その間にも技術は進歩を遂げ、LTEやらWimax+やらと高速な無線通信回線が安価に出回り始めました。
DATA08Wもそうこうしている内に見事カタログ落ち。
月日の流れと企業の経営判断は非情なのです。

さて、皆さんご存じ「DATA08W」
今さらですが無線LANには五台しか接続できません。
昨今のIT事情から見ると単独で使用するにはちと厳しい。
貧乏で鳴らす我が家でもPC・プリンタ・タブレット・携帯電話と既に四台分使っています。
一万円以下の安物ルーターでも数十台繋ぐことが出来るこのご時世では些か不安が残ります。

※現在販売されている「au Wi-Fi Walker Wimax+ HWD14」は十台までの同時接続が可能となっています。

しかし、買い換えるのもめんどくさいもったいないような気がするので既にある機器で何とかやりくりすることを思い付きました。
それがそう、au HOME SPOTなのです。
これを使えば格段に接続台数も増えるしお金もかかりません。
早速接続してみることに。

既にDATA08WにはプリンタとPCが一台ずつ繋がっています。
ネットワークプリンタとネットワークストレージをそれぞれ兼ねているのでDHCPの払い出しIP範囲外で固定しておきます。
ネットワークストレージは将来NASを買ったら置き換える予定。
そして有線でHOME SPOTを繋ぎます。
ここで注意してもらいたいのが、有線は専用スタンドがないと接続できません。別途購入してください。
繋ぎ方は、HOME SPOT背面のスイッチを「Router 」側にしてからWANポートにケーブルを接続してください。
自分の環境ではスイッチの設定が「AP」「AUTO」ではうまく行きませんでした。。。。
電源ケーブルを接続して電源が入れ、DATA08Wの有線リンクのランプが緑色に光ればひとまず工事は完了です。

次は設定に移ります。
無線でHOME SPOTに接続するとデフォルトゲートウェイのIPアドレスで設定ツールが開けます。
デフォルトゲートウェイのIPアドレスがわからない場合はコマンドラインでIPCONFIGコマンドを使えばIPアドレスは表示されます。
IPアドレスの設定は以下のようになります。
本体設定(固定IPアドレス)
・デフォルトゲートウェイのIPアドレス:DATA08WのIPアドレス
・HOME SPOTのIPアドレス:既に繋がれている機器と被らないように設定してください。(DATA08Wが192.168.0.1の場合は192.168.0.xxxとする事)
・サブネットマスクは必ず一致させること。
data08wのネットワークとHOME SPOTのネットワーク間はデフォルトで共有フォルダが使えません。
なので、パケットフィルタを設定してHOME SPOT側のNetBIOSのポートを開ける必要があります。
パケットフィルタの設定
・送り出し側:HOME SPOTのIPアドレス
・宛先側: DATA08WのIPアドレス
・制限する側:WAN
・ポート番号:137~139,445(Windws系も存在する場合)
・プロトコル:TCP/UDP
・方向:IN/OUT
何回か再起動を促されますが、設定がすべて終わるまでは「後で」を選択しても構いません。
また、DATA08WとHOME SPOTのUPnPスイッチは有効にしておく方がよいでしょう。
これで共有も使えるようになりました。
ただし、DLNAがルータを跨いで使えない等一部解消できない問題は解消できませんでした。
これについては原因究明と解決策を模索していきたいとは思いますが、利用されている方は同じネットワークないでの運用をお勧めします。

それではまた今度。

Google ハングアウトの電話認証が成功   2 comments

ここ仙台市でもついに雪が積もりました。

仙台光のページェントの下でいちゃつくカップルを歯ぎしりしながら眺める初物です今晩は。

彼女さんが遂にLTE機に乗り換えたんですLTE機。

最新のSHL23に。

画面は大きいしキレイだしバッテリーの容量が3000mAhと大容量。

自分のCAL21も発売して一年経ってないというのに倍以上の性能。

RX-78-2がGP-01と対峙するとこんな気分なんでしょうか。

技術の進歩はスゴいなと。

ちなみに決め手はLINEでテレビ電話をしたいのとIS13SHからの乗り換えなのでSHARP製が良かったとのこと。

スタンドもついててらくちんらしいのです。

さて、LINEの場合は通信回線に対する要求が厳しく、特にテレビ電話使用時はau DATA8Wを使ったWiMAX通信だと相手側が受像出来ない場合がありました。

なのでハングアウトどうでしょう?に繋がるわけです。

ハングアウトには電話番号認証というものがあり、登録するとほかの使用者が電話帳と紐付けて検索することができる機能があります。

ただこれが曲者で、「認証するとハングアウトがハングアップする」「受信したコードが文字化けしてて認証できない」

これは厳しい。

あれこれ調べるも調べ方が悪いのかネット上には情報が皆無。

とある掲示板でやっとのことで糸口を見つけたのですがそれも失敗。

さて進退窮まった。

ところが、あることをしたら意図せず成功してしまいました。

何で成功したかはわかりません。なので以下に表記することはログであって成功のメソッドではありません。

それでも見てくれた人に手がかりだけでもと思い表記いたします。

 

1:ハングアウトのSMS受信チェックをはずす。

2:au標準で搭載されているSMS(Cメール)アプリを強制終了後、無効化。

3:Google PlayストアよりICS SMSというアプリをダウンロード。

4:再起動。

5:ハングアウトで電話認証を行う→ハングアウトがハングアップします。

6:ICS SMSが受信失敗で強制終了。

7:ICS SMSをデータを削除した上でアンインストール。

8:auの標準SMSアプリを有効化。

9:誰でもいいから空メッセージを標準SMSアプリで送る(自分の場合は会社から貸与されていたドコモのガラケーに送りました)。

10:ハングアウトの設定を開くと何故か確認完了に。

ホントにアホみたいな話です。

これを見て解決策はこれだよ!とご存知の方、ぜひ一報ください。

ギャラリーに表示されない写真がある!   Leave a comment

コトに気がついたのは実は今日。

ツーリングに行った先でAndroidケータイで写メを撮って帰ってきてからブログにアップする中での出来事。

あれ、無い。

どこにも無い。

マジで無い。

んなアホな。

前フリはここまで。

ESファイラーで保存先を見てみるとしっかりと保存してありました。タップするとギャラリーでしっかり表示される。

最初はカメラの撮影設定でギャラリーのサムネイルには表示できない形態で保存されたかもと疑いました。

しかし、カメラの全保存モードを試しても異常なし。しっかりと表示されました。

次に、「ギャラリー自体に問題がある」コトを疑う。

アプリの設定画面でデータを消去→キャッシュを消去のコンボ(データを消去するとキャッシュも自動で消去されるようです)で試してみる。

結果は変わらず、表示されない写真は表示されないままでした。

次に保存されたファイル名。

CAL-21では写真を撮るとNCM・・・に続くファイル名で保存されます。しかも、別フォルダに移動するとカウントがクリアされて、その操作を繰り返すと同じ名前のファイルがたくさんできます。

自分はESファイラーを利用しているのですが、このアプリはコピー先に同名ファイルがあった場合、末尾に(1・2・3・・・)と連番を入れてリネームしてくれます。

もしかしたらこれが曲者なのかも。思い切って見えなくなっているファイル名を拡張子はそのままに短く一文字にリネームしてみました。

そしたら見事にギャラリーに表示されました。

つまり、ファイル名の長さに問題があったわけです。

自分の場合はカメラアプリの初期保存先が本体(/Sdcard/DICM/100NCMDT/ この時点では表示)なのですがデータを保存しようとSDCARD(/Sdcard/external_sd/media/picture/ )に移動したためリネームで名前が長くなりすぎてしまいギャラリーが表示できなくなってしまったわけです。

OSでは長い(フォルダ)ファイル名でもサポートしていますが、ギャラリーアプリはそういう設計ではないということです。

ギャラリーアプリの実装の問題なのですがなんとも面倒な仕様。

ギャラリーを使うときのワンポイント

  • 写メを撮った後、ファイルを別フォルダ(/Sdcard/DICM/・・・以外)に移動する場合は極力フォルダ階層を少なく抑えること。
  • 単独でもあまり長い名前を使わない。

これでギャラリーは無事使えるようになりました。

ただし、あくまでもCAL21 Android4.0での話です。

ほかのバージョンではこれ以外の原因があるかもしれないので、注意してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。