「コンピューターとインターネット」カテゴリーのアーカイブ

Windows7→Windows10化。   Leave a comment

①バックアップ用のメディアを用意します。

特に指定はありませんが安価になってきている大容量のHDDなんかがおすすめです。

BDやDVDでもよいのですが、バックアップしたいファイルが多いと入れ替えが面倒だったりします。

バックアップソフトを使うと復元できなくなる可能性があるので、コピーで対応するべきです。

500GB以上あれば問題ないと思います。

②デバイスドライバのバックアップを取ります。

Windows7のメーカー品の場合、ドライバがカスタム化されている場合や特定のバージョンでしか動作しないアプリケーションがインストールされている場合があります。

特にマルティメディア関係でデジタル放送対応チューナー搭載型などでは最新のディスプレイドライバを使用すると動かなくなります。

ドライバディスクが無い限り、バックアップは取るべきです。

バックアップはフリーソフトの「Double Driver」を使うと一括で保存できました。

サードパーティを使いたくない場合は以下のサンプルコマンドでもある程度はバックアップする事が出来ます。

dism /online /export – driver /destination:”c:\*”

詳しくはネットを確認してください。

③アプリケーションのインストーラーをバックアップする。

Windows7アプリは大体の場合Windows10で引き続き動くのですが、OSインストーラーに削除されたりするのでアプリケーションディスクが無い限りは出来るだけバックアップを取ってください。

レストアフォルダやレスキュー/バックアップアプリの機能でレストア領域から解凍できる場合があります。

④ハードウェア制御アプリを削除する。

無線・ネットワーク関連のアプリははっきり言えば必要ありません。省電力関連も削除するべきです。そんなものは最初からOSについています。

残しておいても問題なさそうなアプリはマルティメディア関連とオフィススイートぐらいなものです。

また、インストーラーがWindows10に対応していないクソ仕様の場合はアンインストールできなくなります。

もっとも、OSをアップグレードしてからじゃないとわからないのですが。

⑤Windows10のインストールディスクを作成する。

MicrosoftのHPから今でも(2019/08/21現在)ISOイメージをダウンロードする事が出来ます。

DVDの場合は3枚組・BDの場合は1枚で作成できます。

ウチの環境ではBDが使えたのでそのまま焼きました。

ISOイメージはWindows7以降であれば右クリックからのメニューで焼く事が出来ます。

⑥OSをインストールする。

Windows10はネットワークからのインストールにも対応していますが、Windows7上でインストールディスクから起動した方が更新ファイルもダウンロードしてくれるのでです。

ここまでくればあとはインストーラーの指示に従ってください。

⑦インストール完了後、②のドライバをデバイスマネージャを見ながら復旧する。

この際、TVやマルチメディアアプリで不具合が出た場合はWindows10インストール時に適用された新しいディスプレイドライバが原因となっていることが多いです。

古くても②のディスプレイドライバを使いましょう。

メーカーPCの場合はアップグレードしてもクリーンインストールしても必ず多少のトラブルが出ます。あきらめてください。

長く使いたいのであれば新しいPCを買った方が無難です。

広告

Outlook2016の起動失敗に関する備忘録。   Leave a comment

巷にはOutlookという旧世代のバイオハザード遺物のようなアプリの起動失敗に関するネタがあふれていますが、大体は解決策ではありません。

寧ろマイクロソフトの請け売りをコピペしているだけです。

もし、どうしても起動できない場合、ちょっと試してみて欲しいことがあります。

image

起動時のプロファイル読み込みから動かなくなってしまった時の対処法です。

C:\Users\***\AppData\Local\Microsoft\Outlook\***.ost

というファイルを探してみてください。

言わずと知れたOutlookのデータファイルですが、それぞれ(設定したアカウントごとに存在します)を.bak等拡張子を付け足してみてください。

当然使えなくなるというメッセージが出てくるはずですが、何故か何かのアプリによってロックされている場合があります。

そのファイルは筆者の環境だと「excel」でした。

何故かはわかりませんが、*.ostファイルをロックしている場合があります。

エクセルを新規で起動した後、保存も何もせず終了するとずっと常駐し続けています。

image

これを右クリックして詳細の表示を選択してください。

image

詳細タブに移動し、件のアプリが表示されます。

image

プロセスツリーの終了を選択します。

コーションがポップアップしますが構わず終了してください。

すると、Outlookが起動するはずです。

なぜこのような動作をするのかは全く分かりませんが、本日昼間のアップデート以降に異常が起きたような気がします。

面倒なのでOutlook開発チームを一旦全員解雇するか、アップデートで改善してもらいたいと思います。

Skyrimも息の長いゲームだな。   Leave a comment

エロMODの柔軟性のおかげか。

SBFは素晴らしい。

Onenoteの致命的な問題   Leave a comment

本日Onenoteの個人データを入れたノートブックからセクションが全て消えた。

しかも会社のデータよりも重要な個人情報の方。

クラウドに履歴データすら残ってない。

ご丁寧に会社データは完璧に残ってる。

悲しい。

Windows10のOnenoteアプリはローカルにバックアップファイルが作成されないため復旧できない。

今ならネイティブで○○○○と叫べる。と言うか叫んだ。ヘブライ語で。ウソです。

奇跡的にプリインアプリOffice2016のOnenote2016が一部のバックアップ(特に重要なパスワード関連含む)をバックアップしていてくれた。

娘の個人情報も残していてくれた。これはすごくよかった。

何が常に最新の機能だ。

最低限の機能をはたしていない。

なんでこう、痒い所に手が届くテロ行為を働くんだろう。

流石意識高すぎマイクロソフトだよ、まったく。

初物 による コンピューターとインターネット への投稿 (2019/03/28)

Windows10のメールアプリが送受信できなくなる件   Leave a comment

昨日まで使えていたメールアカウントが突如として使えなくなった。

Microsoftコミュニティでも有効な解決策が出ず、ブラウザからウェブ上のメールアカウントにアクセスして事なきを得た。

使えなくなった原因は不明だが、メールアプリへのアカウントの登録時に問題があった。

アカウントの登録の際、便利機能としてメールアドレスを入力するとサーバを特定しパスワードを設定すると自動でアカウントを設定してくれるというモノだ。

これが曲者で、アカウントに独自ドメインが設定できる場合(メールサーバをアウトソースする等)だとメールサービスを提供している仮想サーバにはログインできてもメールを転送できないためメールを送受信できなくなるという問題。

実際にサービス側でメールサーバとポートについては別にアナウンスしており、メールアドレスのドメインとプロバイダのドメインが違う場合は注意が必要。

確かに便利機能ではあるが、メールを送受信するためにはきちんと確認する必要がある。

また、手動設定になる為SSLのポートもセキュリティ上重要になるのでしっかりと設定するべきだ。

尚、突然使えなくなった原因は不明である。

OneNote Tips   Leave a comment

最近OneNoteを使っているのだが削除したはずのノートがゾンビの様に「その他のノートブック」に表示され続ける事象に悩まされていた。

原因としてはONENOTE2016のファイル→ノートブックを開く→他の場所から開く→ノートブックタブ→ピン止め内の履歴だった。

それを一覧から削除するとゾンビはいなくなった。

マイクロソフトもONENOTE2016はこれ以上アップグレードしないと謳っているんだから、アプリ自体を削除できるようにしてくれたらいいのに。

ライセンスだか何だかの都合でOffice2016の個別アプリ単独の削除は出来ないらしい。

優秀ではあるが本当にイラッとさせるのが好きだよな。オフィスは。

Wordを使っての初投稿   Leave a comment

PCにインストールしている使っていないアプリを一つでも減らしたくてブログのエディタもOpenLiveWriterからWord2016に変更することにしました。

しかし、ブログのアカウント登録でトラブル発生。

なんとアカウントが登録できないという事態に。

「アカウント登録することができません。発行先のプロバイダを利用できません。詳細については、プロバイダに問い合わせてください。」

何度やっても、Microsoftコミュニティをいくら読んでも解決できず。

マイクロソフトめーとPanasonicのパソコンに八つ当たりすること15分。

URLをみてふと思った。

登録URLの欄が「http://・・・」

んん?(^^)?

登録ダイアログの「http://」を「https://」に変えるとあっさり登録できてしまいました。

おいマイクロソフト、この仕打ちは無いだろ。

お困りの皆さん。

どうか登録できずに困った場合はURLhttp://も見直してみてください。

もしかしたらうまくいくかも。

初物 による コンピューターとインターネット への投稿 (2018/10/19)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。