LGBTって次世代戦車の名前みたいだな。   Leave a comment

仕事はちゃんとしていますよ本当ですよ初物ですこんにちは。

朝のニュースで同性の結婚が出来ず平等じゃないとか、LGBTの権利がーという話題が多いこの頃。正直浅学菲才の身としては彼らが何を言っているかがわからない。

性別って地球上には二種類の性別しかないし、性別を分けるモノは肉体というか性染色体しかないと思うし、両性具有は性別を指す言葉じゃないと思う。中性的、という文学的な表現はあるけどそもそも性別はプラスとマイナスみたいなもんじゃない。陰陽道のパクリって怖いね。事実、彼らの主張としては自分たちの「超」少数派の性癖を認めろって事なんだろうか。

自分の性に違和感を感じる人たちは多分、精神的なモノなんだろう。個人的にはそれは性別ではなく個性であると思う。

彼らは「法の下の平等」を叫ぶが、法治国家において法が規定していないことに関しては自由でも平等でもないと思うのだ。不平等を謳うならまず国を訴える前に法を変えるべきだと思う。何しろ法にLGBTの規定がないからだ。

そしてその超少数派の人たちを珍しいからと言ってメディアがさもメジャーな考えのように喧伝する姿もあまり気持ちのいいモノではない。

ソースは忘れたが、LGBTカップルの内、破局率は非常に高いそうだ。いつぞや東京都のどこかの区で実験的に女性同士のカップルに婚姻届け相当の手続きを認めたらしいが、あっという間に分かれたとの事。しかも「異性」問題で。

結局はそう言う処に行きつくネタが多すぎてLGBT自体が眉唾物の域を出ないと考えている。ただ、LGBTを否定している訳では無く、これ見よがしに喧伝している連中が胡散臭いのだ。同性カップルが成立したとして、今よりも婚姻率は上がるだろうし経済的余裕があれば身寄りの無い子供たちを養子として引き取れる可能性も出てくるかもしれない。そうなれば僅かでも行政の負担も減るし効率的にもなるだろう。

ただ確実に言えるの「同性」では絶対に子供は生まれないし、遺伝工学を駆使して子供を産んだとしてもそれは彼らの子供ではない。先に述べた養子の話も「効率」の問題なのだ。マイナスを減らすことは出来ても決してプラスにはならない。

結局の所、本人たちの事はどうでもいい。好きにしてくれ。ただ、彼らに実子にせよ養子にせよ子供が出来たとき、何と説明するか。子供たちが不幸になるような選択をするただの我儘な人種で無い事だけを祈るだけだ。

広告

初物 による ライフ, 子育て, 家族, 徒然なるままに。 への投稿 (2019/04/17)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。