いまー、NHKスペシャルの大川小学校特集を観ているのだけれども。   Leave a comment

石巻市の教育委員会とその傘下の教職員は子供の命と教職者としての矜持よりも自分の椅子の方がとても大切だと言うことが良く分かった。

生きるか死ぬかの状況で「子供の服が汚れるから」と山への緊急避難を拒否した先生もいたとか。

なかなかご立派な見識の持ち主だな。

三途の川もさぞかし綺麗な服で渡らせてあげられただろう。

あまりにもひどすぎて本当かよ?と耳、いや読んだから目を疑うネタなのだ。

教師連中は未だに肝心の部分には口をつぐんだままらしい。

恐らくは外野で騒がれているとおりのことが起こっていて、都合の悪い人間が無事に生き残っているということなんだろうな。

都合が良ければベラベラ喋らないわけがない。

たぶん外野の人が何を叫んでも当の本人達は黙ってれば何れは忘れ去られて自分の職も老後も安泰だなんて思っているだけなんだろう。

いやーさすがは忍耐強い見識の高い先生方の対応だね。

遺族はやっと損害賠償を求めて提訴したみたいだが。

一人一億円なんて生温い。ドルにしろ、ドルに。

そして訴えるのは石巻市と教育委員会と教職員組合にしろ。

遺族が国を訴えたのは金なんかよりも知りたい事実があるからに他ならない。

にもかかわらず「自らの保身」というもっとも正しい選択を出来るその姿勢に感服せざるを得ない。

国ならなんとかしてくれるかもしれないと思った遺族カワイソス。

もう教師に良心を求めるのは不可能だと悟るべき時なのかも。

広告

初物 による ニュースと政治, 自然, 自然災害, 事故, 人災 への投稿 (2014/11/28)

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。