鳴子ソロツーリング   Leave a comment

表題の件行って来ました。

先週は休めなかったので、今日は寝ているつもりだったんですが・・・。

気がついたらバイクに跨っていました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 001

出撃前のスタイル。

もう8年選手。

しかーし!

まだまだスタイルだけなら負けてない!

今日も走りにいくのです。

 

目的地は特に決めていなかったのですが、前回はスカイラインの紅葉がまだでした。

二週間も過ぎれば同じ標高の鳴子辺りは紅葉も始まっているだろうし近いだろうと全ベタでクールランニング。

古川までは国道457号線で北上。

途中の「あ・ら・伊達な道の駅」でコーヒー休憩&ルート確認。

8時半という早い時間にもかかわらず、たくさんのお客さんであふれていました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 002

鳴子温泉近く。

あれれ、まだ紅葉は始まっていないようです。

これは幸先不安。

温泉地を抜けてさらに上ると鳴子峡。

2012.10.27_鳴子ツーリング 004

すばらしい!

¥200の駐車料金を払った甲斐がありました。

カメラがEX-G1と若干性能に見劣りするカメラなので写りはやや残念。

現地の眺めはすばらしかったんですよ。

ホント。

観光客もたくさんいました。

 

次に訪れたのは鳴子ダム。

前回は素通りしてしまいましたが、今回は放水もしていたので立ち寄りました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 005

2012.10.27_鳴子ツーリング 014

2012.10.27_鳴子ツーリング 012

 

次は国道108号線を当ても無く北上。

このまま行くと湯沢市内なのですが、途中に「こまち湯ったりロード」を発見。

川原毛地獄なる景勝地もあるらしいので進路変更。

目の前をとんでもなくゆっくりと走る二台の車。

ケツの痛みに耐えられず、ぶち抜かせてもらいました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 019

2012.10.27_鳴子ツーリング 022

これが「川原毛地獄」。

紅葉で色付く山の中に忽然と現れる白い山肌。

地面の至る所で噴煙を上げていました。

アイスクリームも売っていたのですが、腹の調子を考えてスルー。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 024

説明文の中には「有毒ガス注意。立ち入り禁止の中には入らないでください」との文字。

頼まれても「お断りします( ゚ω゚ )」

しばし写真撮影のために駐車。

パチパチ写真を取りまくり、大満足です。

曲がりくねった道を下り、次の目的地へ。

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 029

2012.10.27_鳴子ツーリング 027

麓の泥湯温泉。

町の出口に噴煙を上げる地面と息抜きの煙突。

触ってみると明らかに熱い地面。

地球の息吹というやつでしょうか。

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 030

「湯の宿 元湯くらぶ」

まだバイクに乗り始めて間もないころ、雨に降られ雨宿りした足湯。

今度は晴天。

そのせいか少しぬるかった。

でもさすが温泉。

足を暖めただけなのに体の心まで温まりました。

2012.10.27_鳴子ツーリング 035

小安峡の紅葉とともに。

高いところから眺める景色はやはりすばらしい。

バイクもたくさん。

車もたくさん。

人もたくさん。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 037

湯浜峠のワンシーン。

おねーさんが写りこんでしまったのはご愛嬌。

彼氏とともに宇都宮からZZR1200に乗ってきたみたい。

遠路はるばる大変だ。

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 038

 

 

 

 

 

 

 

2012.10.27_鳴子ツーリング 041

最後に立ち寄った道の駅はなやま。

トイレ休憩後、GSでガソリンを入れ高速に乗って帰りました。

明日は天気が悪いようなので、明日こそ寝ていようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。