緊急地震速報   Leave a comment

auのサービスに緊急地震速報というものがあります。
文字通り大地震がくる前に速報を出してくれると言うものです。
あの日僕は家の二階で犬と戯れながらTVを見てました。
程なく地震速報が鳴り響き、地震の来襲を告げました。

まさかあんなことになるとは思わず、ただ「勘弁してよね~」としか思いませんでした。その十数秒後最初の揺れが我が家を襲ったのです。
はじめはそれほど強いと思いませんでしたが、徐々にその揺れは大きくなっていきました。
TVはひっくり返り、棚に載せてあった本や雑誌は滑り落ち、ストーブにかけていたヤカンは転がり落ちて熱湯が飛び散りました。
柱は軋み、壁はひび割れ、瓦が落ちる音は地鳴りでかき消されました。
犬を抱え恐怖で動くこともできずひたすら揺れが収まるのを待ちました。
階下には祖母がいるはずでしたが、正直なところ”死ぬかもしれない”自分の命の事しか考えませんでした。

我が家は瓦の屋根が一部落ちましたが、断水も停電も起きず後日分かる原発の影響も少なくてすみ非常に幸運だったと思います。
先日、余震と思われる強い地震に襲われましたが、またも幸運を拾いました。

携帯の速報履歴はここ一ヶ月でかつて無いほどの量になりました。
隣町に住む親類は家は流されましたが、一族は無事で近くに住む息子夫婦の自宅も無事だったためほかの被災した人と比べれば幸運な部類だったかもしれません。
両隣に住んでいた人たちは助からなかったと聞きました。

この世はなにが幸運でなにが不運かわかりません。これからどうなるかも分かりません。
とりあえず、頑張れるところまで頑張って、これ以上頑張れないってところになったら、またいろいろ考えてみます。

この携帯の履歴はこの先も「未曾有の大災害」の記憶の一つとして僕の携帯に残り続けるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。